日本文化大学の充実したカリキュラム

【就職力で注目を浴びる日本文化大学】

日本では将来の安定を考えて公務員になりたいと考える学生が増えています。
学生が憧れる職業で常に上位に入るのが警察官や刑事です。
警察官の合格率で全国トップに輝いている大学が日本文化大学で、最近は様々なメディアにも登場する機会が増えています。
東京都八王子市にキャンパスがある日本文化大学は1978年に設立されています。
日本本来の伝統と美風を継承する優秀な人材を育成するために設立され、少人数制の授業で知られます。
日本文化大学は法学部法学科のみの単科大学で、一般的な知名度は高くないものの警察官の就職に強いことから注目を集めています。
学生の就職状況を見てみると、卒業生の半分以上が公務員試験に合格しています。

【日本文化大学のカリキュラム】

日本文化大学は特徴的なカリキュラムを持った大学です。
基礎教育からキャリア教育まで様々なカリキュラムが組まれています。
基礎教育では幅広い見識を身につけられるように教養を修得し、法律の基礎を学びます。
日本文化大学では人格教育に力を入れています。
1年次から就職活動への意識を高めていきます。
2年次は経営コースや法心理コースなど3つのコースから選択して学びます。
専門教育では法律分野の理解を深め、警察官を志望する学生は捜査心理学や犯罪心理学など日本文化大学ならではの科目を学ぶことができます。
一般の法学部では設置されていない簿記や経営学の資格取得を目指す科目もあります。
2年次のカリキュラムでは実社会で役立つ専門性を身につけることができます。

 

 

 

 

 

 

【学生を前進させるゼミ教育】

日本文化大学の特徴のひとつがゼミナールです。すべての学生が必ずゼミに所属します。
3年次と4年次は専攻する学問をより深く学んでいきます。
専門ゼミには平均して10名の学生が所属します。
ゼミでは学生と教員がディスカッションを重ねて学生同士がお互いに切磋琢磨して学びます。
日本文化大学には幅広い分野のゼミが用意されいるので、学生は自分の将来を考えながらゼミを選択することができます。

 

 

 

【キャリア教育に力を入れている日本文化大学】

日本文化大学では入学直後から就職活動につながるプログラムが用意されています。
少人数教育なので丁寧な指導を行うことができます。
教員は各界のスペシャリストが揃い、強力なバックアップ体制があります。
学生支援室では就職先の紹介を行うなど、学生をしっかりとフォローします。
就職が決まるまでサポートするので安心して就職活動を進めることができます。
学生支援室には警察官をはじめ各種公務員や様々な企業の試験案内や採用情報が展示されています。
企業からは多くの求人票が寄せられますが、求人票も学生支援室で閲覧できます。
自分が希望する職種や業種を事前に登録することで、求人があった場合に知らせてくれるサービスもあります。
就職で重要なのが面接ですが、日本文化大学では就職対策のひとつとして面接指導を実施しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。