倍率が上昇!?日本文化大学の地価は?

日本文化大学の歴史や概要について知ろう。

日本文化大学は、室町時代に草創などからも長い歴史を持つ大学です。さらに、開校から1990年代までの間は制服を着用していたなどの歴史もあります。当大学は、法学部法学科のみの単科大学で規模自体は小さいのですが、少人数制の授業を行うことができるクラス担任制が採用されているなどの特徴を持ちます。 日本文化史・茶道は必須で法律討論会や模擬裁判などの法学授業、就職支援活動の中では外部の予備校から講師を招いて、公務員志望者向けの専門講座や模擬試験などを1年生のときから受講できます。就職先としては公務員が大半を占めるといわれているのですが、中でも警察官への就職率が高くなっており、公式サイト内でも警察官合格率日本一と掲載が行われています。

日本文化大学の入試倍率は上昇傾向にあります。

これから日本文化大学へ進学される人にとって気になるのは、入試倍率ではないでしょうか。法学部の全入試合計と呼ぶ入試名で比較した場合、2016年度は1.1倍、2017年度は1.0倍です。しかし、2018年度は1.3倍と上昇しており、2019年度においては2.3倍まで上昇しています。一般入試合計においては、2018年度が1.9倍で2019年度が4.9倍ですから、倍率自体は急上昇していることがわかります。倍率が高くなっている理由の中には就職率が高いこと、とりわけ警察官になりたいと考えている人からの注目が集まっていること、日本の文化についても学ぶことができる魅力があるからといわれています。

日本文化大学がある場所とは。

日本文化大学は東京八王子市にキャンパスを持つ大学、住所は八王子市片倉町977番地です。最寄り駅はJR横浜線の片倉駅から歩いて約7分、京王高尾線の京王片倉駅から歩いて約15分のアクセスです。大学周辺は閑静な住宅地で、キャンパス北西側は緑が豊富な雑木林が形成されており、自然美を楽しむことができる環境です。東京はコンクリートジャングルともいわれていますが、当大学がある周辺には自然が豊富にありますし、JR横浜線の片倉駅は八王子市の中心でもある八王子駅から1つ目の駅、中心地へのアクセス環境も良い場所に大学キャンパスがあります。

日本文化大学周辺の土地と港区と比べたときの価格差はどのくらいか。

日本文化大学は駅からも近く、周辺は閑静な住宅地などからも近隣エリアでマイホーム購入を検討される人も多いのではないでしょうか。大学がある八王子市片倉町は、第一種低層住居専用地域と呼ぶ用途地域になっており、マンションなどの大きな建築物を作ることができない、いわゆる戸建て住宅の専用地域です。日本文化大学がある八王子市片倉町の2019年12月時点での土地相場は坪単価46.8 万円、東京港区の土地相場は2019年12月時点で約773万円ですから、約16倍の金額差があることがわかります。港区は交通の利便性は良い場所ですが、自然を豊富に感じたい人には日本文化大学周辺の環境が最適ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です