日本文化大学の模擬法廷とは?


日本文化大学は多様なトピックが学べる大学です。アクセスもしやすいだけでなく、色々と充実した研修等も用意されています。もしも法律や学芸について興味があるという人は、特におすすめの大学になっています。何よりも興味深いのが日本文化大学ならではの模擬法廷でしょう。 模擬法廷では本当に裁判をしているかのような環境で学ぶこともできますが、他の大学の模擬法廷とはどのような違いがあるのでしょうか。
模擬法廷について知っておくまず、日本文化大学の模擬法廷は実に洗練されていることを知っておきましょう。教室の一角に設けられており、日本文化大学の学生であれば許可を得ることで利用することが出来ます。とはいえ、メインで利用しているのは法学系の学生です。
法廷の雰囲気もよく再現されており、傍聴席等もありますし、被告席等もあります。更に、プレゼン等をするのに便利なホワイトボード等も用意されていますから、実際に裁判練習をする際にも役立ちます。基本的に裁判に必要なものは全部整っていますから、実践的に裁判の内容について学べる用になっています。

模擬法廷の意義とは法廷を擬似することで実践的に学べるというのが利点です。弁護士等を志している人にとって役立つことはもちろん、判事等の仕事をしたい人にも役立ってきます。また、すでに弁護士になった人が練習しにくるくらい再現度も高いので、裁判の予行練習にもうってつけです。
他に、実際に被告や弁護人等の心情を理解したい人にも向いています。再現度が高いですから、実際に模擬裁判をすれば「ああ、被告はこんな心境になるのか」と理解を深めることが出来ます。こうした理解は適切な弁護をしたりするためにも欠かせません。
自分が法律の道に向いているかを知るためにもうってつけです。実際に弁護士になってから、「自分は人前に立つとあがってしまう」「こんなに大変ならば弁護士になるべきではなかった」と後悔する人がいますが、疑似裁判にを体験すれば実際に向いているのかもわかってくるもの。こうした用途でも用いることができることから、ますます多様な大学で取り入れられて来ています。

他の大学の模擬法廷との違い他の大学でも模擬法廷は活用されています。しかし、日本文化大学の模擬裁判は実にレベルが高いのが特徴。しっかりと資料等も用意されますし、傍聴席や裁判官にもアシスタントさんが配置されます。日本文化大学の施設ならばとことん裁判についてしれますから、法律の道を志している人にはうってつけでしょう。
また、レコーディング等もされますし、後で内容を振り返る事もできます。そのため、何が行けなかったのかを知ることも出来るのが日本文化大学ならではの強みです。
何よりすごいのが日本文化大学ならではの音響機器です。実際の法廷のような音響になるように工夫されているので、実に臨場感のある雰囲気で議論や弁護を繰り広げることができるようにもなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です