日本文化大学周辺のスーパーを紹介します

大学生にとって食は大切なポイントになります。自炊をする場合は、便利なスーパーが近い所にあると便利ですね。住居を決める際にも、必ずチェックしておきたいのが買い物が出来るお店のことです。日本文化大学周辺には、どのようなスーパーがあるのでしょうか。


日本文化大学から1番近いところにあるのが「カネマン片倉店」です。9時半開店のスーパーで、大きくはありませんが、野菜類が新鮮で安いことが好評です。普段の生活に困らない程度に十分な商品が揃っています。コンビニよりも安く、楽天Edyなどの電子決済も使えて便利です。閉店間際(9時頃)には手作り感が嬉しいお惣菜や弁当が半額になります。お惣菜の唐揚げなども美味しくて人気となっています。駅が近く、駐車場はありません。


2番目に日本文化大学に近いのが「コープみらいコープ北野台店」です。10時開店で、この近辺では生鮮食品がおすすめの店舗です。野菜も新鮮で安いものが揃っています。ベーカリーコーナーも人気で、種類も豊富で焼き立てパンが好評です。利用客はやや年齢層が高く、全体的に落ち着いた雰囲気のある店舗になっています。ペンキの剥げなどの建物の傷みが少し気になりますが、お肉・お惣菜・お弁当などが美味しく、品数も豊富です。いい品だけに、値段はやや高めです。フラワーコーナーと広い駐車場があります。

3番目に日本文化大学に近いのが「フードワン片倉店」で、10時開店のスーパーです。みなみ野から離れた場所なので、車での利用が便利です。同じ場所にドラッグストアや、目の前にはスーパー銭湯もあるので駐車場は混みがちで、人出は多いです。パン屋さんも人気があり、ショッピング施設としての店舗が多く、ここに来れば何でも揃います。店舗もキレイで、価格も比較的安価となっています。商品数が多いので魅力的なものもあり、肉とフルーツも良いものが並び、地元の野菜も取り扱っていて新鮮です。

日本文化大学から西の方角には「アール元気アクロスモールみなみ野店」があり、10時開店です。魚の品揃えがよく、魚介類を目的に来店する人が多いようです。野菜と果物は新鮮で安く、お弁当と惣菜も値段が手頃な上に美味しいと喜ばれています。肉は希少部位があったりと、他のお店では見ないものが並ぶこともあります。鮮魚などは19時半頃には半額になります。福引きをやったり、売り出し日の卵やコロッケが激安になるのも人気です。館内には100均や家電量販店、ドラッグストアや書店などが入っており、掘り出し物が多く、つい色々買ってしまう店舗になっています。


「スーパー三和八王子みなみ野店」も日本文化大学から西の方角にあり、9時開店のスーパーです。「八王子みなみ野」を下車して数分のところにあり、アクセスもよいです。明るくて清潔感があり、お弁当の品揃えもよく、商品も揃っています。隣接しているブックオフやフードコートも便利です。


日本文化大学の北の方角には「スーパーアルプス八王子駅南口店」があります。10時開店で、ここもJR八王子駅南口からのアクセスがいいです。お肉の鮮度がよく、全体的に価格も品揃えも理想的なスーパーです。


日本文化大学の周辺には以上のようなスーパーが揃っています。大学の近くや駅に直結した店舗もあり、大学生活を送るには便利な環境になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です