日本文化大学の特徴を紹介します

・日本文化大学は日本の伝統や文化を大事にする法学部のみの単科大学です。
日本文化大学では、日本独自の文化や伝統を理解し学んでいく人間教育を行う事で、より深い知識や教養を身に付ける事が出来ます。大学のキャンパスは東京都八王子市にあり、学部は法学部だけに絞られている単科大学という事です。その理由は大学を卒業後、社会に出て社会人として働いていく上で、きちんと活躍出来る人材を生み出す上で、法学部は重要だからです。日本文化大学では法律はもちろん、礼儀や知性をきちんと持った人間を育てていく為に、幅広い教育を行っています。

 

 

 

 

 

 

・カリキュラムは様々な物が用意されていて非常に充実しています。
設置されている学部は法学部のみですが、カリキュラムは色々あり充実しているのでしっかりと学ぶ事が可能です。1~2年次は主に基礎的な科目を勉強していきますが、2年次からは経営や公共、法心理といったそれぞれの専門コースに分かれて勉強していきます。その為自分の目標や目的に合わせて選べるのも大きな魅力です。
中でも法心理コースには犯罪心理学や捜査心理学といった他大学では中々見慣れないようなカリキュラムも用意されているので、将来就職で警察官になりたいと考えている人にはうってつけです。
もちろん教職課程もあるので、学校の先生になりたいと考えている人は教員免許を取る事も出来ます。ただ取得出来るのは中学校の社会、高等学校の公民と地理歴史のみとなるので注意が必要です。

 

 

・日本文化大学では、色々な資格を取る為のサポートもしっかりしています。
日本文化大学ではやる気のある学生にきちんと応えてくれる体制があるので、資格を取りたい場合は、どんな資格をとればよいのかから、勉強の仕方まで教えてくれ、合格するまでサポートしてくれるのは大きな魅力です。講座も教員免許が取れるもの以外にも、行政書士や社会保険労務士、宅地建物取引士の資格取得を支援するものが複数用意されているので、じっくりと集中して学ぶ事が出来ます。
他にも簿記検定やファイナンシャルプランナー、コンピューター関連のものからTOEICやTOEFLといった英語関連の資格まで幅広くあるので、自分に合ったものが必ず見つかります。

 

 

 

 

・日本文化大学は就職に力を入れており、特に公務員には強いというのが魅力です。
日本文化大学は単科大学なので、少人数制で学生に指導を行う事が出来ます。その結果優秀な人材を輩出する事が出来、毎年高い就職率を誇っています。特に公務員に強いという魅力があり、中でも警察官の採用試験に強いの大きな特徴です。毎年沢山の卒業生が警察官となり、全国で働いています。
その理由は、授業でただ学術的な物を教えるのではなく、実践的な採用試験対策も合わせて行われるからです。大学では1年次から就職活動を見据えたカリキュラムが組み込まれており、講義では就職の採用試験さながらの内容を教えていくので、公務員の採用試験で日本文化大学の学生の合格率が非常に多いのも納得がいきます。
しかも学生のモチベーションを上げる為に、毎年春先に警視庁や各地方の県警の人事採用担当者を招いて説明会が開かれているのも日本文化大学の特徴の一つです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です