日本文化大学に注目してみました

日本文化大学は通学しやすいところにある
日本文化大学はなかなかの好立地にあるのが特徴的で、JR横浜線「片倉」駅から徒歩7分程度で通う事が出来るようになっています。交通の便が良くて、通学圏は広いのが特徴的で、神奈川はもちろんのこと、他の地域からも多くの学生が通う事が出来るようになっています。隣駅がJR八王子駅となっており、千葉や埼玉などから通学している学生もいて、自分の通いたいところを選んで通う事が出来るという事も魅力と考えていいでしょう。

 

日本文化大学は法学部しかありません
日本文化大学は法学部一つしかないという事になっています。これは法律が大切という考えから来ていると同時に法律の知識が、これからの社会生活において必要になる事が多くなるという考えから来ているという事があるからです。何も検事や弁護士になるという事を目指す人だけが法律は必要という訳ではなく、むしろ一般の人ほど法律の知識が必要という事があるので、こうしたシステムにしているというわけです。法治国家ですから、まずは法律を知ってそこから自分の立ち位置というモノを考える事も出来るようになるという考えから、こうした制度を採用しているという事になるのでしょう。

 

日本文化大学は資格取得にも向いている
日本文化大学は資格取得にも大いに力を入れており、さまざまな資格を取得することが出来るサポート体制を持っています。語学は言うに及ばず、行政書士や宅建というような実用的な資格を取得するまでサポートしてくれるというシステムがあるので安心して学ぶことが出来るという特徴も魅力的といって良いでしょう。単に協力体制があるというのではなく、合格まで責任を持って面倒を見るという事を考えているので、真剣にサポートをしてくれるのが魅力です。そのため、就職などに強いという事もこの日本文化大学の魅力の一つとなっているといってもいいでしょう。

 

日本文化大学は学生第一の考え方がある
日本文化大学は常に学生第一主義の考え方があるといって良いでしょう。上記の資格取得に対して全面的なサポート体制があるという事でもその事はわかりますが、台風などの時の対応でも学生に対してメールで休校を知らせて学校に来ないようにするというようなシステムを採用していたりしています。常に学生の安全について気を配りながら大学の運営をしているので、安心して学ぶことが出来るという事も一つの魅力と考えていいでしょう。この事は台風以外の災害についても言える事なので、こうした学生を主体として考えることが出来ているという事は他の大学ではなかなか見られない事だといってもいいかもしれません。
日本の文化について学ぶという事は、人の歴史について学ぶという事であり、人の価値について学ぶという事でもありますから、人を大切にするという事が最も学ぶことが出来るのがこの大学という事になるのかもしれません。単に勉強するというのではなく、意味のある学習が出来るところにこの大学の価値があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です