日本文化大学のメニューの豊富な学食

日本文化大学とは、室町時代に草創された柏樹書院の24代当主蜷川親繼により創建された大学です。蜷川親繼は第二次大戦後に激動の時代を行きながら日本の文化や伝統、そして秩序と言った大切な事柄が失われつつあることに危機感を憶え、ヨーロッパ諸国を遊学してきました。帰国後、日本古来の伝統や文化、そして法の精神の重要性を再認識し、少人数でありながらきめ細やかな指導を行うことができる日本文化大学の創設に尽力したのです。日本文化大学では法学の単科大学として知られ、一年時には法律の基礎的なことを学び、2年時から専門的なことを学ぶことができるようになっています。日本文化大学の特色としては、1年時からゼミに所属して基礎的なことから段階を踏んで専門的なことを学ぶことができるカリキュラムが充実しています。1年時からゼミに所属することができ、またそのゼミは10名程度の少人数制となっていることから、闊達に討論を繰り広げたり、教授とも距離が近いのですぐに質問をしたりすることができる恵まれた環境にあるのです。法学の基礎から専門分野まで段階を経て学んでいくことができるので、学力が身につきやすいのが日本文化大学の特色とも言えるのです。この少人数制という教育体系が日本文化大学が創建された初期からの理念を貫いており、学生一人ひとりに手厚い教育を施すことができます。日本文化大学はキャリアマネジメントにも力を入れている大学です。通常、普通の大学では3年時から就職活動の支援を活発化させていくのですが、日本文化大学では1年時から就職活動を見据えてキャリアマネジメントに取り組むことができるのが魅力です。就職ガイダンスや就職試験講座も1年時から受講することができるので、他大学よりも早く就職に対する対策を立てることができ、将来を見据えてキャリアを考える事ができる講座が充実しています。資格取得にも力を入れているので、公務員試験対策や行政書士、司法書士と言った資格の取得のサポートも実施しています。

 

日本文化大学はキャンパスが新設され、自然に囲まれた綺麗なキャンパスで大学生活を送ることができるようになっているのです。学生が集まる学食では、季節によって様々なメニューを手頃な価格で美味しくいただくことができるのが何よりも魅力です。学生食堂でいただくことができる定食はボリュームがあるにもかかわらず、リーズナブルな価格にて提供されています。学生が考案した人気メニューが学食に並んだり、今巷で人気のメニューを格安料金で楽しむことができるとあって学生たちにも人気があります。学食は天井が高く広々とした空間であり、学生が過ごしやすい環境が整っています。空きコマの時間は学生食堂を自習室代わりに利用する学生が多く、いつ行っても学生が集っているので日本文化大学の中でも最も活気がある明るい空間として知られています。メニューも頻繁に変わるので、学生も楽しみにしているようです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です