日本文化大学で学ぶことのメリット

日本文化大学は日本古来の歴史や伝統に基づく日本文化を尊重し、世界に通用するような人材を育成することを目的として創建された大学です。第二次世界大戦以降、ヨーロッパを遊学した蜷川親繼氏が、少人数制で徹底した教育を行うことを目的として創建したのがこの日本文化大学でした。第二次大戦後、日本は激動の時代を生き抜くことになりますが、この過程において日本古来の伝統や文化秩序などが失われつつあることに危機感を憶えた蜷川氏は、日本の伝統や文化を受け継いでいくことができる次世代の若者を育成することを目指しこの大学を建学したのであります。ルーツは遥か室町時代にさかのぼり、その次代に草創された柏樹書院にあると言われている大学です。日本文化大学は法学科の単科大学で構成されており、大学全体の人数が少ないことから少人数制での需要を受けることができるという特色があります。日本社会に貢献することができるような人材育成を行うため、ひとりひとりきめ細やかな指導をすることができる環境が整っている大学と言えるのではないでしょうか。日本文化大学の建学の精神である日本の伝統や文化の根源を学生たちがしっかりと学ぶことができるよう、学内では茶室が設えられています。学校内では度々お茶会が開催されたり、折に触れて日本の文化の真髄である茶道に触れる機会が設けられている珍しい大学なのです。剣道を始めとした文化活動が盛んに行われ、日本文化大学での大学生活を謳歌することができる環境が整っています。日本文化大学は警察官などの公務員への就職が強い大学として知られています。在校生の中には警察官や府警を目指す学生が多く、また、卒業生にも警察官や公務員への就職が人気の大学です。警察官や公務員の希望者が多いことから、就職活動や面接でも活かすことができるカリキュラムを3年次に導入し、キャリア教育に力を入れています。日本文化大学のOBを招いて公演を行ったり、模擬裁判を開くなど法律に関する専門知識を深めたり、公務員のOBから話を聞いたりする機会を設け、キャリアマネジメントがしっかり行えるような環境づくりに力を入れています。日本文化大学は卒業後の進路に公務員が多いことから、卒業生を招いて公演や就職活動の指導を積極的に実施していることから、実務的なことを学ぶことができると評判の大学です。就職活動の前哨戦友いわれるインターンシップも大学側が積極的にバックアップをしています。大学と定形のある企業へインターンシップを行うことにより、就職へのイメージを掴むことができるのです。事前にインターンに参加しておくことで、自分の適性にあっているのか、将来就きたい仕事とマッチしているのかを確認する良い機会となります。公務員への就職が圧倒的に多い大学であることから、公務員試験の準備や筆記試験に必要な知識を学んだり、模擬面接を実施するなど力を入れている大学です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です