日本文化大学にある様々なカリキュラム

・日本文化大学では4年間を通して、自分の将来を考えながら切り拓きます。

日本文化大学は入学してからすぐ就職活動に直結しているプログラムを用意していて、4年間通じてきめ細かなサポートを利用することが可能です。少人数ならではの実現できる丁寧な指導が特徴的です。教員は各界のスペシャリストが揃っていて、毎年トップクラスを誇る就職率を実現しています。このような確かなバックアップにより、学生の夢へ着実に導いてくれるでしょう。サバイバルゼミなどを開講していて、スペシャリストによるセミナーなど、ユニークなカリキュラムを選択することが可能です。

・実社会での活躍に繋がる専門性を日本文化大学で身につけることができます。

いろいろなカリキュラムが日本文化大学にはあり、例えば法律専門職モデルの場合弁護士から裁判実務を実践的に学ぶことができたり、法律専門職をめざすことが可能です。警察官・消防官モデルの場合、刑事政策や危機管理を学ぶことができ、採用試験で有利になるITパスポート資格も取得できます。公務員モデルの場合、必要な行政法や行政学を中心に学習することができ、行政書士の資格の取得をサポートすることが可能です。ビジネス関連法モデルの場合、民間企業において働く上で必要になる簿記の知識や、企業経営に必要な法律の知識を学べます。

・4年後の就職に向けて日本文化大学は人間的な成長へ促します。

言語表現や非言語分野、歴史や地理、外国語など多彩な基礎教育を積極的に展開しています。日本文化大学では幅広い知見と同時に、就職試験に直結するような基礎学力を身につけることができ、必修科目になっている法学は法の分類や起源といった法律全般の基礎知識を身につけることが可能です。専門教育の基礎にすることができ、警察官や公務員を志望する学生が多く学ぶ日本文化大学では法律に携わる豊かな感受性を養う日本文化史も取り入れています。就職に向け人間的な成長を促し、確かな一歩を踏み出せます。

・茶道を学びながら人への気配りやコミュニケーションの大切さを認識できます。

法の前に人があるのが日本文化大学の建学精神で、日本の歴史や文化などを学びながら茶道を通して人間的に成長できる時間を体験することが可能です。日本文化を継承する茶道実習が行われており、知らず知らず日本の伝統美や知恵を身につけられるでしょう。お茶の点て方や所作を通じて、会話の大切さなどを実感することが可能です。学生にとって心休まる時間になっていて、人気のあるカリキュラムの一つになります。日本文化大学での学びのポイントとして、幅広く多彩なテーマを学ぶことが可能です。専門ゼミは法律学はもちろん、国際関係や文化論、行政などさまざまな分野があり、10名程度の小さな編成になるので教員との距離が近く、就職活動に臨む友人と親密になれます。ゼミは議論を中心に行っているので自ら考えることが必要です。それは社会人になってからも通用する力になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です