日本文化大学の魅力や学習センターの周辺

●警察官合格に特化した大学の魅力

現代の日本は、非常に雇用が不安定な状態です。正社員の求人数はとくに少なく、大卒であってもなかなか希望する企業に就職できないのが現実です。大学を卒業しても、契約社員や派遣社員など非正規雇用で働く人も珍しくありません。こうした雇用形態で働きだすとなかなか正社員への道が開かれず、人生における総収入も大きな差ができてしまうのが現実なのです。そのため特に現代では特技や特殊技能、専門分野や資格を生かした職業に就くことが注目されています。
近年特に安定的な雇用である公務員になることを夢見る若者も増えてます。 公務員であれば、収入も安定し国民のために働ける遣り甲斐のあるお仕事です。
なかでも国家資格である警察官を志す人も多くなっているのです。最近は凶悪事件や近隣トラブル、交通事故死が社会問題になっています。また多くの地震や津波など災害も頻発してます。こうした中でメディアでは警察官の活躍が大きく報道されており、素晴らしい職業だとの認識がされるようになりました。人のために役立つことができ、達成感のある仕事であり、安定しているために今後ますます紀伊棒する若者は増えることでしょう。
こうした志高い若者に、親身にサポートするのが日本文化大学です。警察官試験の高い合格率や実績をもって、フルに学生をサポートします。

●法律を専門的に学べ様々な分野で活躍できる

日本文化大学は法学部の単科大学です。警察官の公務員政権だけに特化するのではなく、法律をざまざまな角度からアプローチし学ぶことも可能です。そのために様なカリキュラムが組まれています。裁判実務を学ぶことから弁護士や検察官といった道を志すことも可能なのです。危機管理や刑事政策を学び消防士を目指すのもよいでしょう。行政学、行政法を学び行政書士を目指すこともできます。様々なカリキュラムを受けることで、学生に様々な可能性を与え、その人に適した転職を探し導くのが日本文化大学の役目です。

●日本文化を学び心身ともに鍛えることもできる

日本人として日本文化を改めて日本文化大学で学ぶことも可能なのです。日本文化を学ぶことで、愛国精神が芽生え国民の力になりたい、国民を愛し国民の助けになりたいと改めて自覚することもできてしまいます。警察官も、消防士もそこに日本に対する愛が根底になければ、とても命を懸けて務まる仕事ではありません。茶道実習、国際文化論というカリキュラムを通して日本伝統の美や素晴らしさ、コミュニケーションの大切さを学んでいきます。
スポーツ推薦型入試が実施されていたり、トレーニングジム施設なども充実しています。心技体を非常に大事にしているのが日本文化大学です。

●日本文化大学高田馬場学習センターの周辺

高田馬場学習センター高田馬場駅が最寄であり、JR、西武鉄道、東京メトロが乗り入れていて、都内や千葉、埼玉などからもアクセスしやすくなっています。高田馬場学習センターの周辺は飲食店が非常に豊富であり、ネット評価の高い寿司屋などもあります。日本文化大学のサークルでの飲み会、ゼミ仲間とのランチ、帰宅時のカフェへの寄り道などもできます。こうした場所で日本文化大学の学生同士が集まり、コミュニケーションを図ることは生涯の思い出となり、人生の糧や一生の友を作ることにもなるでしょう。プール施設も見られ、警察官を志す学生にとって体力作りも可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です