日本文化大学に通う学生の食事事情-ラーメン

●日本文化大学に通う学生の日頃の食事とは

日本文化大学がある東京都八王子市は静かな住宅地で、学校の周辺は学生街にありがちな雑多で騒がしい雰囲気の店がほとんどないという特徴があります。片倉駅の周辺は落ち着いた街なのでとても治安が良く、女子学生でも安心して歩くことができます。学校の周辺は飲食店が多くないので、学生の多くは学内に設置されている食堂で昼食や夕食を取っています。学生食堂は安くてヘルシーなので毎日食べ続けることができますが、たまにはジャンキーな料理が食べたくなることもあります。 バイト料や仕送りが入った時は、日本文化大学の最寄駅の片倉駅の周辺にあるラーメン店を利用する学生の姿を目にすることがあります。
日本文化大学は体育系の部活動が盛んで、卒業後の進路に警察官を目指す学生が剣道部または柔道部に入部して鍛錬しています。体を動かすことの多い体育会系の学生は、高カロリーでアミノ酸が豊富に含まれているラーメンが欲しくなる時があります。

●安い・旨いで学生に大人気のラーメン店「多摩利屋」

日本文化大学の最寄駅であるJR横浜線片倉駅のすぐ近くに、安くて旨いと評判のラーメン店「多摩利屋」があります。こちらのお店の看板メニューは550円の「ラーメン」で、絵に描いたような醤油系のスープの昔懐かしい中華そばです。こちらのお店の「ラーメン」は漫画やテレビアニメで出てくるようなラーメンで、シンプルな味付けなので何度でも食べたくなります。大学の近くに立地しているせいか、「多摩利屋」は値段が安いという特徴もあります。今は東京都内のお店で普通サイズのラーメンを注文すると、どんなに安くても1杯800円です。お店によっては、1杯千円を超えるところもあります。「多摩利屋」のラーメンは1杯550円で、大盛りサイズでも100円追加です。安くて旨い「多摩利屋」は、日本文化大学に通う学生の間で人気店です。

●蛤(ハマグリ)の濃厚なスープが特徴の「うちん家」

片倉駅から北に5分ほど歩いた場所に、「うちん家」というラーメン店があります。こちらのお店のおすすめメニューは「蛤ラーメン」(750円)で、澄んだあっさりスープのラーメン上に大きな蛤が5個も乗っています。スープには蛤の旨みが出ていて、濃厚で奥深い上品なラーメンが味わえます。大きな蛤が5個も入っているにもかかわらず、750円という良心的な値段設定もオススメポイントです。中盛り(+50円)または大盛り(+100円)も選べるので、蛤の出汁がきいたラーメンを満腹になるまで食べたい日本文化大学に通う学生の間で大人気です。

●肉食系の学生に大人気の「えびす丸」

片倉駅から南西に数分ほど歩いた場所に、「えびす丸」というラーメン店があります。こちらのお店のスープは澄んだ豚骨系で、おすすめメニューは「チャーシューメン」(800円)です。「チャーシューメン」には大きなチャーシューが5枚も入っていて、中央部には山盛りのメンマが積まれています。豚骨ベースのスープとチャーシューがマッチしていて、スタミナをつけたい時に欲しくなる味です。100円追加で大盛りが選べるので、スポーツで体を鍛えている日本文化大学の肉食系学生の間で人気があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です