警察官を目指し日本文化大学で勉強すべきこと

日本文化大学は警察官の採用率が高い大学といわれていますが、警察官になるためにはある程度の社会常識および一般常識が必要になる、これは警察官に限ったことではないけれども、警官は市民を守る役割を持つ仕事などからも常識を知らずにいると市民を守ることができないわけです。義務教育課程を修了する、高校卒業以上の学歴が必須ですが、義務教育は小中学校まででその後高校に進学して卒業すれば資格を取得できることになります。 ただ、高校卒業をしてもその先には国家試験が待っていて、これに受からなければ警察官になることはできませんので、多くの場合が大学への進学を行いさらなる勉強をして卒業するスタイルが一般的です。

年齢の基準は大学卒業程度の1類では21歳以上30歳未満、短大や専門学校卒業程度の2類で19歳以上30歳未満、高校卒業程度の3類では17歳以上30歳未満です。いずれも年齢の上限が30歳未満になっているのが特徴ですから、将来的に警察官になりたい人はそれまでに試験に合格しておく必要があるわけです。日本文化大学は、日本の中にあるすべての学校の中で警察官採用率がナンバーワンといわれています。そのため、高校時代から警察官になりたい人など、こちらの大学に進学することで警官になるチャンスが広がるのではないでしょうか。

ただ、日本文化大学を卒業したからといって100%目指すことができるわけはなく、各都道府県の警察本部に所属する採用試験はそれぞれの都道府県で独自に行っているため、日本文化大学に入学する前もしくは入学後に就職先となる警察署を決めておく必要があります。日本文化大学など大学を卒業した人は1類、短大や専門学校を卒業した人は2類、そして高校を卒業した人は3類といった具合に採用試験が実施される、これらの1類から3類は区分でありすべての区分は1次および2次の2段階構成で試験が実施されて選考の流れになります。

採用試験に合格すると採用候補者名簿に登録が行われるなどの運びになるようですが、この段階で就職できるか否かが決まるといっても過言ではありません。この採用試験は1次と2次試験の合計点数だけでなく、1次試験の成績の一部として加点を得ることができるなどの特徴があります。この加点の対象になるものは資格および経歴であり、その詳細としては剣道や柔道などのスポーツ実績ですから日本文化大学に入学した際に、これらの部活動で技を磨けば加点の対象となり、仮に1次試験で点数に自信がなくても合格の可能性も高まるわけです。英検やTOEICスコアーなども加点の対象になるため、スポーツがあまり得意ではない人なども日本文化大学で語学力を磨くことで加点の対象になる、他にも簿記や情報処理などの資格も対象になりますし、大型自動車免許などのように職務執行に役立てられる資格および経歴も対象になるといいます。単に日本文化大学で勉強するだけでなく、加点にプラスになるような資格や経歴を意識することで将来に繋げることができる、それが警察官の採用試験といえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です