日本文化大学でまなぶ事

日本文化大学は1978年に設立された東京都八王子市片倉町にある大学で、西側には国道16号線が通っています。国道16号線は神奈川県横浜市の西区と首都圏を結ぶ国道で、美味しいラーメン店などが並ぶ通りがあったりと16号線沿いを中心に飲食店などが立ち並ぶ便利な通りです。 この16号横にあるのが日本文化大学で、日本の道徳的伝統等を継承するために人材を育成する事を目的として作られた学校で、かつては全員が制服を着ていた事もある学校です。単科大学のため規模は大きくありませんが、クラス担任制を取り入れた少人数クラスは行き届いた教育を受けることが出来、マンモス大学とは違う学習スタイルを確立することが出来ます。

日本文化大学は日本の文化史や茶道などの伝統文化を必修科目としている事も、大きな特徴といえます。日本文化大学で行う法学の授業では、法律討論会や模擬裁判を行っていて、公務員志望の人には専門講座などを1年生という早い段階から行っている事で、卒業後の進路や就職に向けた準備を早くから始められる制度を持った学校となっています。就職先で多いのは公務員や警察官といった難しい試験を突破しないとつくことができない職業で、そのために様々な講座が用意されている事も特徴の一つです。卒業生にも警察官についている人が多い事から、たくさんの就職に関する情報やアドバイスを受ける事ができますし、同じモチベーションをもった学友がいる事はお互いに良い刺激にもなり日々切磋琢磨することが出来る良い環境うといえるのではないでしょうか。将来的な夢は決まっていないけれどなんとなく大学に通っているという人よりも、将来の夢が決まっていてそれに向けて日々努力することができる人材を多く輩出することができるという意味でも、日本文化大学は就職にはとても有利な学校といって過言ないといえます。

日本文化大学の大学の名前にもなっている通り、日本文化を学ぶ事が出来る学校でもあり、日本文化を通して深い教養を身に着けたり、人間教育を実践している学校です。座学ばかりの授業ではなく実際に体を動かして行うフィールドワークが充実している事も学習意欲がわき、楽しみながら勉強を続けていくことができる日本文化大学のおすすめなポイントです。また法律に関しては丸暗記をするのではなく、なぜそのような法律があるのか、その法律によってどのような効果があるのかなど実際の社会との密接に結びついた法律を学ぶ事で、理解しながら学んでいくことが出来ます。

コースなどを2年次より選ぶ事もできるので、自分の目標にあわせたコースをより深く学んで習得していくことが可能です。就職に強い大学というだけあって、資格試験に対する対策も行う事が出来ます。資格を持っている事は就職にはとても有利に働きますので、行政書士や社会保険労務士といった塾に通って取得することが多い資格試験にも日本文化大学の担当教員が指導してもらう事が出来るため、将来をみすえたキャンパスライフを送る事が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です