日本文化大学と小さな用水路の関係

川のそばにある日本文化大学

八王子市にある日本文化大学のキャンパス西側には、川が流れています。
キャンパスの横に川が流れているのは別に不思議でもなんでもなく、他の大学でもよく見られる光景です。
しかし警察官や公務員になりたくて毎日日本文化大学のキャンパスに通っていると、どういう川なのか気になる学生もいるかもしれません。
特に将来に夢や希望を抱いて入学したばかりの新入生は、周囲の環境が非常に気になるでしょう。
都心から離れた八王子で川のそばにある大学のキャンパスなら、自然に囲まれのびのび学生生活を過ごせると思うかもしれません。
しかし日本文化大学のキャンパス西側にあるのは、実は川ではないという驚愕の事実があります。

川のように見えるけど実際はただの用水路

日本文化大学のキャンパス西側にある川は、本当は川ではなくただの用水路です。
細かく説明すると湯殿川の支流の支流の用水路となっており、川とは言えない状態になっています。
川と用水路の違いは、一般的には同じだろうから問題ないと思うかもしれません。
しかし川と用水路では法律などでさまざまな違いが出てくるので、もし日本文化大学で学んで公務員を目指すなら、その違いははっきりと理解しておくべきでしょう。
理解しておかないともし日本文化大学の卒業後に公務員となり、役所で都市計画などに携わることがあったら、周囲からその違いもわからないのかと呆れられるかもしれません。
つまり日本文化大学は、4年間のカリキュラムだけではなく身近なところでも、将来の知識が学べる大学と言えるでしょう。

正体の湯殿川も地理的には小規模な川

用水路の親玉的な存在である湯殿川も、大きなくくりで見れば非常に小規模な河川です。
湯殿川は浅川の支流でしかなく、さらにその浅川も多摩川にいくつもある支流の一つでしかありません。
つまり日本文化大学のキャンパス西側に流れている用水路は、日本社会の構造に当てはめると四次下請けぐらいのちっぽけな存在なわけです。
そこまでちっぽけな存在なら、四次下請けの用水路には大した役割はないと思うかもしれません。
ですが現実の社会構造では、四次下請けも非常に重要です。
元請けの大企業に比べたらたしかにちっぽけな存在かもしれませんが、四次下請けである中小企業がなければ、製品を製造できません。パソコン(一次)のハードディスク(二次)の基盤(三次)を留めるネジ(四次)を作るお仕事はかなり大事なんですよ。
ですからたとえちっぽけな用水路でも、そこにある以上は確かな役割を与えられているので、大切にしなければいけない存在と言えます。

警察官や公務員を日本文化大学で目指すなら知っておきたい用水路の大切さ

警察官は悪に立ち向かい弱者である庶民の味方であり続けなければいけませんし、公務員も一般庶民の声を忘れてはいけません。
そうした人々の存在を忘れてしまうと、公権力を私利私欲のために使うことになるでしょう。
日本文化大学では、これまでたくさんの警察官や公務員を輩出してきました。
日本文化大学の卒業生が国内のあらゆるところで活躍しているのは、在学中に小さな用水路を見て学んできたからと言っても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です