日本文化大学での一人暮らし

日本文化大学は法学部法学科のみの単科大学ですので、少人数授業でクラス担任制を採用しています。日本文化史、茶道を必修科目としており、日本文化大学では法律討論会や模擬裁判といった法学の授業がおこなわれます。また、就職支援の一環として外部予備校から講師を招き、公務員志望者向けに専門講座や模擬試験を一年次から実施しています。
そのため、公務員や警察官の就職者が多く、警察官を志望する受験生のために、AO入試の実施や警察額、犯罪心理学などの講座も行われている。

 

 

日本文化大学の最寄り駅は片倉駅。駅から徒歩五分の好立地のためか、実家から通っている学生が大半です。しかし、約30%の生徒が一人暮らしをしているようです。大学から徒歩圏内のアパートや寮に住んでいる生徒はあまりいないようなので、JR横浜線や中央本線沿線の駅に住んでいるかと思われます。八王子周辺は都内との連結が便利なことからベットタウンとして栄えてきました。マンション・アパートなどの物件も非常に充実しており、かつ、手ごろな値段の物件も多数見つける事が出来るでしょう。

 

 

日本文化大学での一人暮らしの準備として欠かせない物は、基本的な家具や寝具。まずは優先順位をつける事から始めましょう。布団ベットなど、初日から必要な物は最初に準備します。また、収納家具も引っ越したものを片付ける際にあると一度に片付くでしょう。カーペットを敷くことを考えているのなら、収納家具を置く前に敷かなくてはならないので最初に準備しておくことをお薦めします。

 

次に家電ですが、冷蔵庫、洗濯機、テレビや、電子レンジ、一人暮らしに最低限必要な物は最初に用意しておきましょう。しかし、最近の日本文化大学での学生はルームシェアをするなどして家賃を低く抑えるという学生も多いようですので、家具や家電を揃える前に、シェアする相手と何と何を自分で用意するのか相談しておくことで無駄を省くことが出来ます。

 

日本文化大学での1人暮らしだからといってすべて小さなものを揃えるのはお勧めしません。日本文化大学での毎日の授業や課題で、日々の家事が滞る可能性があるからです。洗濯も毎日できれば少ない容量の洗濯機で十分ですが少しためた洗濯物を洗いきれるように大き目の物を買うのも検討してもいいかもしれません。また、冷蔵庫を小さくしてしまったが為に、食べ物を余らせてしまい、結局無駄にしてしまうというのも単身者のよくある話です。

 

初めての日本文化大学での1人暮らしでわからないこともたくさんあるでしょうが自分に選択肢があり、決定権がある暮らしは良い経験になります。まずは、引っ越し先のサイズやコンセントの位置など、把握しておくことが大切です。カーテンのサイズを決めるために窓枠のサイズを測っておくことも忘れずに準備しておきたい一つです。家具搬入の際に搬入口となるドアのサイズやドアの開く方向、窓から搬入するのであればそこに行くまでの道のりで障害物がないかなど、事前に調べて速やかな引っ越しが出来るように準備が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です