日本文化大学で可能性を見つけよう!

偏差値の高い大学と就職率が高い大学ではどちらがお得?

大学進学率は右肩上がりに増加し続けていますが、良い大学イコ-ル偏差値の高い大学だという風潮があるのは、否めないことなのではないでしょうか。実際に日本の大学は、入るのは大変だけれどもいったん入学したら、卒業するのは比較的容易だと言われていますよね。
日本文化大学は、そういった意味では「日本の大学の常識」を覆していると言っても良いでしょう。というのは、日本文化大学の入学に必要な偏差値というのは、それほど高いとは言えないからです。でも、就職率や就職先の実績は、注目するに値する立派なものです。世間では高学歴と言われる大学を卒業しても、就職活動に失敗してしまう学生は数多くいますよね。そのように考えると、日本文化大学は間口は広いのに生徒を確実に育ててくれる学びの場所だと言えるのではないでしょうか。

ユニークなカリキュラムが優秀な人材を創り出す!

日本文化大学の就職率に定評があるのには、ちゃんと理由があります。少数人数のクラス担任制を採用していることや、1年生からゼミがあるというのが、生徒ひとりひとりの個性を伸ばすカギとなっているのです。少人数だからこそ、全員に目配りができ、個人に合った指導が可能となるのです。
ユニ-クなのが、日本文化大学は法学部のみの単科大学ですが、日本文化史や茶道といった日本の文化に基づく学科が必修科目となっています。これは、日本人として自国の文化を深く知ることを目的としたものですが、公務員や警察官を多く輩出している同大学の卒業生が高い評価を得ていることに繋がっているのではないでしょうか。日本文化大学で学んだ4年間で、学生が驚くほどの知性や人間性を伸ばしているという証拠でもありますよね。

勉強だけじゃない!充実した学生生活を送ろう!

少人数制だったら、結構授業も厳しくて息抜きする暇もないのでは、と心配になる人もいるかもしれません。でも、日本文化大学は火講義の内容だけでなく課外活動でもたくさんの選択肢を提供してくれます。数多くのサ-クル活動を始めとして、スポ-ツも盛んにおこなわれています。また、海外に興味がある学生のために留学プログラムも設けられています。留学生の数も年々増えているので、学内にいながらにして英語に触れる機会を作ることだってできますよね。

可能性に向けた挑戦は環境で決まる!

このように日本文化大学には、学生が目標に向かって邁進するための環境が揃っていると言っても良いでしょう。難関と言われている公務員や警察官の試験に向けての対策も早い時期から取られていますし、語学等の資格試験に向けたサポ-トも充実しています。
大学の4年間は学生にとってとても貴重な時間ですよね。その貴重な時間をどう使うかによって、自分が描く未来に大きく羽ばたくことができるのです。日本文化大学はそんな学生の未来を応援するにはうってつけの大学なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です