日本文化大学でキャリアプランを実現

・1年次のカリキュラムで、4年後の就職に向け人間的な成長を実現します。

日本文化大学ではさまざまな分野について学習することができ、言語表現や非言語分野、歴史や地理、外国語や基礎社会科学などを学ぶことが可能です。スポーツなど多彩な教育を展開していて幅広い知見を身に付けることができ、将来の就職試験に繋がる基礎学力を身に付けられます。 必修科目である法学は法の分類や起源といった法律全般の基礎について学ぶことができ、憲法や民法でそれぞれ人権や総則などから学習することが可能です。これらは2年次以降開始する専門教育の基礎になり、特に警察官や公務員を志望する多くの学生が日本文化大学で学んでいます。法律に関係する豊かな感受性を養うことができ、日本文化史などの科目も含まれています。4年後の就職活動に向けて、人間的に成長することができ確かな第一歩を踏み出せる1年間です。

・日本文化大学の基礎ゼミで次のステップに向かう基礎を学習できます。

入学したばかりの人にとって担任教員との接点になるのが基礎ゼミです。教員や仲間たちとコミュニケーションを図りながら学ぶことの意義を実感することができます。基礎ゼミでは大学生としての教養を身につけるのに、自ら学ぶ姿勢を実現していくのが目標です。いろいろな知識やスキルを今後の大学生活にいかすことができ、キャリアプランの実現に取り組むことができます。

・日本文化大学では日本文化史を学習するできます。

日本文化を継承している茶道を学びながら、気配りや会話などの大切さを再認識できるプログラムです。法の前に人があるという日本文化大学の建学精神に基づいている科目で、日本のさまざまな歴史や文化などを学びながら、成長できる時間です。日本文化を継承する茶道実習に参加することによって、知らず知らず日本の伝統的な美しさや先人の知恵を身に付けることができるでしょう。お茶の点て方や所作などを通じて、人への心配りやコミュニケーションの大切さなどを実感することができます。茶室で過ごす時間は学生にとって心休まるひと時です。

・日本文化大学では警察学を学ぶことができます。

日本文化大学には警察官を志望する学生が多く、専門基礎を学ぶことが可能です。警察は国民の生活や身、財産の保護や犯罪の予防、捜査など公共の安全や秩序の維持にあたる使命を持っています。行政の重要な機関になり、警察に関する制度や活動などを学ぶことができ、責務について理解することが可能です。明治憲法下の警察制度など日本の歴史から現代までの犯罪被害者対策について、幅広い知識を学ぶことができます。警察官を志望している学生にとって、専門基礎の科目として活用することが可能です。日本文化大学に入学してから卒業するまで、いろいろな学びや経験を経てから成長することができ社会に巣立っていきます。基礎教育や専門教育、ゼミ制度やキャリア教育など、日本文化大学ならではのカリキュラムがあり、一人ひとりがステップアップするための4年間が用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です